【JR南草津駅 徒歩7分】お気軽にお問い合せ・ご予約下さい。

予防矯正のお話3

今回は治療開始のタイミングについてお話します。

 

歯列不正は、様子を見ていたらひどくなるばかりです。治療が遅れると、それに比例して治療期間も治療費も余計にかかることになります。早ければ早いほどカンタンに治ります。

 

お母さんが「おかしい?」と思ったときが治療開始のタイミングです。 

 

歯医者さんに相談して歯列不正の状態や程度、不正を起こした原因などをしっかりつかむようにしましょう。特に子供の時期には、つめを噛んだり、顎に手を当てたりする悪習慣で慢性的な力が加わり、歯は移動してしまいます。

 

大事にならない前に手当てするのが早道です。

 

例えば、どんなに大きな火事でもはじめはボヤから始まります。むし歯も予防処置を行えば、治療時間もさほどかからず、安い治療費用で済みます。歯列不正の治療も同じです。第一発見者が「様子を見ましょう」などと構えていては、大やけどをします。ボヤのうちに治療するのが一番です。

 

ご家族の方、お子様の口の中を見てあげてください。何か気になることはありませんか?少しでもおかしいと感じたら、すぐにかかりつけの先生に相談してみましょう。少しの勇気が、お子様の一生をよりよいものに出来ると確信しております。

コメントを残す